テープ起こし(文字起こし・反訳)のノウハウ

テープ起こし いざやってみると結構大変な技術が必要

テープ起こし業務についてですが、「たかがテープ起こし」と簡単に思われる
方々がが多いのですが、いざやってみると結構大変な技術が必要になる仕事で
す。
録音した内容を文章に書き起こす単純な作業ですが、これが結構奥が深いです

自分自身(ご自身)が話した内容を録音してそれを文章に書き起こすというも
のであれば、発音のアクセントなどが判っているため、比較的簡単に書き起こ
しをすることが出来ると思います。
しかし、他人が録音した内容を、それも初めてその音声を聞いた時はどうでし
ょうか?専門の言葉やその人のアクセントなど様々などが入り混じりって難易
度は、格段に高くなります。

聞いた内容を文字にする。特に日本語は、漢字、ひらがな、カタカナ、そして
漢字でも種々。例えば、雲と蜘蛛、全く意味が異なります。
録音された音声の品質や話している内容、人数にもよりますが、10分の音声
を書き起こし作業を行おうとすると1時間はかかると言われています。
今回のブログは、書き起こしをご自身でしてみようと考えている方に対して、
まず最初にしていただきたいことや理解して欲しい内容を書いてみました。

商売道具であるキーボードを先ずは綺麗にしましょう。

テープ起こし、テープ反訳作業で毎日お世話になっているパソコンのキーボー
ドですが、こまめに掃除をしている人は意外と少ないと思います。 実は、綺麗
そうに見えるキーボードには、トイレの便座の5倍ものバイ菌がいると言われ
ています。確かに、考えてみれば掃除もしないで毎日バシバシ使っているもの
ですものね。
・・・これは盲点でした。
テープ起こしの作業には、キーボードが必需品なわけですから、
これからは1日1回、ウェットティッシュで拭いてあげることにしましょう。
いいお仕事は、道具を大切にすることから始まる、はず!です。

テープ起こしの必需品・トラックボール

書き起こしをする商売道具として使っているものがあります。
トラックボールというものです。

この機材は、簡単にいえば、パソコンのポインタを操作するデバイスのことで
、実は、すごく便利だったりします。
ポインタ操作のデバイスといえば、一般的に流通しているものは、皆さんも必
ず使っているマウスです。

マウスは、マウスそのものを動かしてポインタを操作しますが、トラックボー
ルは、その名のとおり、台座に固定されたボールをコロコロと回して、ポイン
タを操作するのです。慣れるまではすごく使いづらいですが、一度なれると、
もうマウスには戻れないというくらい非常に便利な製品です。

私がトラックボールを愛用している一番の理由は、ずばり狭い机の上でも作業
効率が非常に高くなるということです。
マウスは、マウスを動かす分のスペースが必要です。
広い机なら問題がないですが、机が狭い場合、けっこうイライラすることあり
ますよね。

トラックボールは、基本的に台座そのものを動かす必要はないので、狭い机の
上でも問題なく操作できるのが魅力です。
テープ反訳作業、特に特急納品作業をする場合、パソコン数台を周辺機器がた
くさんあって、ちょっと手狭になっている時には、是非ともオススメの商品で
す。

テープ起こしの必需品・デュアルスクリーン

テープ起こし、テープ反訳等の仕事をするうえで、大切なのはモニター画面の
見やすさです。
効率よく作業をするには、文字を大きくしたり、プログラムを大きく表示した
りするのですが、それだとモニターの中がいつの間にかごちゃごちゃになって
しまって、本末転倒になってしまいます。そこで大変便利なのがデュアルスク
リーンの活用です。「デュアルスクリーン」?初めて聞かれた方も多いかもし
れませんので、簡単にご説明しますと、一台のパソコンで二つのモニターをつ
なげ、操作することができるようにする方法です。

一度このデュアルスクリーンで作業をしてしまうと、モニター1つには戻れな
くなるくらい便利な代物です。
ちなみに私はメインのモニターには、反訳するためのワードを最大化しておい
て、サブモニターに、音声を再生するためのプログラムと反訳のルールをまと
めたエクセルファイルを表示しています。

不要なプログラムやたまにしか使わない表などを、いちいち小窓にしなくてす
むので、本当に便利です。

これも特急納品をより早く、より正確に作業する職人技の一つと思います。
二つの画面を操作するのは慣れるまでちょっと違和感がありますが、
すぐにその便利さに気付いて、もしかしたらバッチリはまってしまうと思いま
す。

テープ起こしの必需品・ヘッドホン

テープ起こしをする道具として忘れてはならないのは、ヘッドホンです。弊社
に技術者募集で応募されて来られる方で、「パソコン1台あればお仕事(テー
プ起こし業務)は大丈夫ですよね?」と平気でおっしゃる方がおられます。
確かにノートパソコンであれば、パソコン内にスピーカーが内蔵されています
し、デスクトップパソコンについても外部スピーカーを付けているのが標準的
なパソコン機材だと思います。

ここで基本的に間違っておられます。「テープ起こしは、人が話した音声を単
純に文字に書き起こす、簡単で単純な作業。」と考えられている方が多いです
が、
書き起こし作業には、言葉の意味や録音された音声自体が悪くて聞き取れない
もの、複数の人がほぼ同時に話していて音声が重なってしまっているものなど
、集中して音声を聞き取りながら作業しなければ、書き起こしの作業は出来ま
せん。

周囲の音を遮断しながら集中して音声を文字に書き起こす必要があります。す
なわち、お預かりした音声を正確な文字に起こすためには、反訳者の高い技術
力と専門の機材が必要です。
初心者の方が最初から高い技術力がある訳ではありません。先ずは、書き起こ
し作業の専門の機材の1つとしてヘッドフォンは最低でも用意をしておく必要
があります。

再生するデータの音質に直接影響する ヘッドフォン は、何を選ぶかによって
反訳の品質に差が出てしまうといっても過言ではありません。
例えば、 ヘッドフォンには再生周波数帯域というものがあり、一般的にはこ
の帯域が広いほど高性能な ヘッドフォンだといえます。
しかし、それはあくまでデータ上のもの。ただそれだけで選んでしまってはい
けません。
反訳者(書き起こし作業をする人)も人間ですから、個人個人の聞き取りやす
い帯域や苦手な帯域が存在します。

より正確な音声を聞き取るためには、やはりたくさんの ヘッドフォンを試し
て、自分に合った道具をみつけることが大切です。
仕事をする上で良い道具を選ぶのは当たり前のこと。
日々の道具選びから、すでに仕事は始まっています。
反訳者にとって ヘッドフォンは、『たかが ヘッドフォン、されど ヘッドフ
ォン 』なのです。

書き起こしの仕事をしてみようと思っている方は先ずは、自分にあったヘッド
ホンをチョイスしてください。

書き起こし作業は、国語力がモノを言う

テープ起こし、テープ反訳をやってみて気付いたこと、それは、反訳するには
『国語力』が必要だということです。
音声データを聞いて、その聞き取った言葉を文字に起こす場合、その言葉その
ものを知らない場合、言葉につながらないことが、結構あります。
例えば、「聞きなれない専門用語」などの場合、酷いときは呪文のように聞こ
えたりします。

その言葉と意味を知っていれば、すんなりと文章がつながるのですが、知らな
いと何度も何度も聞き直し、前後の意味から推測し、言葉の意味を辞典で調べ
て『あっ!』という感じでやっと言葉が繋がります。
そして、不思議なもので、言葉がつながると、今まで呪文だった言葉が、
ちゃんと聞こえはじめるものですから、すごくおもしろいものです。
書き起こし作業を始め出して思った事は、「小中学校の時にしっかりと国語の
勉強をしておけば良かった・・・」と思ってしまいます。

でも皆さん、今からでも遅くありません。国語力が身に付いていない方には、
「最低でも国語辞書」をパソコンの前に置いて書き起こしの作業をしてくださ
い。私たち反訳者は国語辞書以外に各種辞典や「記者ハンドブック」を用意し
て書き起こしの作業を日夜行っています。
先ずは、「辞書に慣れること、そして意味を理解すること、読解力を付けてい
くこと。」そうすることによって、自分自身の頭に言葉が溶け込んでいき、自
然と国語力がついていきます。

テープ起こし作業をご自身でしようとしている方はもちろんのこと、プロの反
訳者になろうと考えている方、少しは参考になりましたでしょうか。
書き起こし作業をしていて、「私もプロの反訳者になりたい!」と真剣に考え
られている方がおられましたら、是非私たちメディアJの技術者募集に応募し
にきて下さい。お待ちしております。

テープ起こし

メディアJの反訳者は超人?

駆け出しの反訳技術者の苦労

反訳技術者 のスタッフIです。
メディアJさんでお世話になってます。初めてまだ1年くらいです。OAの専門学校卒ですが、文字起こしは大変です。最近は、軽い腱鞘炎になりかけて、シップ貼って、今は完治してますが、社長や先輩方は、関節痛くないんだろうか、肩もこらないのかなって不思議です。

日々 反訳技術者 としてスキルアップ

少し前にその事を先輩に尋ねたら「超人だからよ〜」ですって。
妙に納得しながら、急ぎ深夜の反訳作業をしています。

反訳技術者

耳はお飾り

メディアJの反訳技術者人材登録

反訳技術者 のスタッフKです。
メディアJへの 反訳技術者 登録は、友達の紹介でした。
私はブラインドタッチも速いから、会話を文字に起こすなんて、すぐできるだろうと思っていましたけれど、全然甘かったです。

反訳技術者 は甘くない

自分では、ちゃんと書き起こしたつもりでも、先輩や社長の原稿を見ると、私の原稿は赤ペンだらけ。みんな、どんな耳をしてるんだろう。
みんな、耳の数は2つなんですか!?(笑)
でも、社長がよく言われるように、【聞き直しは耳でするものではなくて、意味を考えなさい】っていうことからすると、
耳が2つでも、3つでも、意味を理解できなければ、耳はただのお飾りなんですよね(笑)

反訳技術者

早く一人前の反訳者になって恩返し

反訳会社のお仕事を探して

メディアJさんでお世話になって、 反訳 業務に携わってまだ半年ですが、今まではネットで仕事を探していた、ノマドワーカーの一人でした。
20代で、このままではいろいろ不安定があるし、どうしようと悩んでいました。
いろいろな反訳会社さんを探して、登録もしました。でも、どこも納品して終わり。何が良くて、何が悪いのかがよく分からない。

反訳 スキルがしっかり伸びるメディアJ

メディアJさんは、先輩スタッフが納品後の赤文字修正をしてくれます。
反訳作業をしながらスキル磨き自分磨きが出来ている、自分に合ってるって感じがします。
自分が役に立てるようになって、なんか恩返しがしたくなる会社かな。

反訳

仕事のプロ集団に仲間入り

テープ起こし の精鋭のプロ集団

スタッフMです。私も他社の テープ起こし 会社からメディアJに移ってきました。とてもアットホームな感じがあります。でも、ひとたび仕事モードになると、皆、精鋭のプロ集団化する~!!

気がつけば テープ起こし のお仕事も4年目

雑談していた後の急遽変わる仕事モードには、最初は「何でそんな急にやる気スイッチが入るの?」と思いついていけませんでした。4年目に入ると気が付いたら私も5時間飲まず食わずのテープ起こし作業をしているではありませんか。【笑】
忙しいけど楽しい職場です。

反訳

 

先輩の特急納品原稿レベルが凄い!

反訳業界に入って2年目の私

スタッフIです。
昨日、5年くらい 反訳 の先輩の原稿を見ました。この反訳業界に入って2年目の私からすると神業です。(多分テープ起こししている人ならわかりますよね)
ホント、すごいんですよ、書き起こしから校正まで、一人で、ちゃんとやってのけてるんですよね。

超特急の 反訳 も正確で高品質!

それも、超特急納品ですよ。
そういう先輩がいるから、メディアJは業界最速で、しかも高品質な原稿が納品できるんだって、つくづく思いました。
先輩方と同じレベルの反訳力を自分も身につけれるように努力します。

 

反訳

 

テープ起こし作業は、内職感覚では務まらない

テープ起こし は内職感覚では務まらない

スタッフFです。
3年前の話ですが、私が最初にメディアJさんに テープ起こし でお世話になろうと思って、ホームページの テープ起こし 技術者募集のとこで応募したら、
安原社長から電話がかかってきて、電話で話したときに、弊社は内職感覚の人にはなかなか務まらないなかなかわよって言われました。

テープ起こし 業務で様々な挑戦とチャンス、機会を得ました

毎日、来る仕事、来る仕事やクライアント様が、ほんとに、え、こんな案件を自分がさせてもらってもいいのかなと思うような仕事ばかりで。。。
でも、反対にこんな機会なんて絶対にないよねっていう自分もいて。。。だったら、こんなチャンスを大事にしなきゃ、ビビっても仕方ないじゃんって。
精一杯頑張らせていただこうって、だから、それが凄い自分の励みになってます。
3年前のあの頃に言われた、内職感覚じゃ務まらないわよって言われた言葉が、最近身に染みてます。

反訳

 

反訳プロになる為、修行中

他の 反訳 会社からメディアJに

反訳 スタッフのYです。
私は以前、他の 反訳会社にお世話になっていましたけど、今はメディアJさんにお世話になってます。
他の会社さんからの仕事は週に1回くらい頂いていましたけど、週に5日、作業をさせていただいています。

奥が深い 反訳 作業

反訳作業は、奥が深いです。同音異義語、ニュアンス、なまり、方言、読解力というか、【聴解力】が必要です。

まだ聞こえが悪い音声が私のところに回ってこないからなのかもしれませんが、私はこの文字起こしが好きです。

10年後には、急ぎ書き起こしの特急納品が1人でも出来るくらいの【反訳のプロ】になれるようになりたいです。

あっ、追記ですが、テープ起こしのお仕事は、
仕事も教えてもらって、それで報酬もいただけるので、毎日がとても楽しいですよ。

 

反訳

 

特急納品の時、お客様からの労り感謝のお気持ちが、私の頑張る原動力

時間との勝負の 急ぎ書き起こし 作業

急ぎ書き起こし 作業中のスタッフNです。
こんばんは。深夜3時半にブログを書いています。
普通は、睡眠を取る時間に仕事をしている、それも時間との勝負をしている【急ぎ書き起こし作業】は、時々心が折れる時もあります。

急ぎ書き起こし を無事に納品した際の喜び

しかし、 急ぎ書き起こし 作業が終わり納品した後、お客さまから
メディアJさんの原稿は、短時間の特急納期でも、本当に丁寧に仕上げていただけるんですね、本当に助かりました。これからもお願いしますね。お互い身体も大切にしましょうね!」って暖かいお言葉をかけてくださった時、テープ起こしのお仕事やっていて良かったと思います。
これからもお客様からの暖かいお言葉を原動力に頑張っていこう思

反訳

 

継続は力なり。結果は、我が財産なり。

文字を起こす ことの楽しさ

スタッフHです。
文字を起こす ことの楽しさというのか、ある種、この仕事をさせていただく醍醐味みたいなものって、この仕事をした人にしか味わえないんですよね。

文字起こし を何千時間何万時間と行っての結論

それも長年、これまで何千時間、いや、万がつくほどの時間の書き起こしや校正をしてきましたけど、
ようやく最近、自分の財産になったんだなって自覚できるようになりました。やっぱり、「継続は力なり」そして「結果は、我が財産なり」です

 

反訳